段位認定試験

平成15年度4月から、日本珠算連盟主催の「暗算検定試験」および「段位認定試験」の施行方法・合否判定基準の運用等が、次のようになりました。

段位認定試験の変更点

(1)日商珠算能力検定試験1級から段位認定へのステップを円滑に進めるため、平成14年度から、段位認定受験者が集中している三段までの段位について、新たに準二段、準三段を設けています。

(2)段位の問題は、平成15年度から日商検定1級の3倍となり、伝票算が試験種目から廃止されました。
詳細は、模擬問題をご参照ください。

(3)問題の改正に伴い、合格基準の一部が変更になりました。

<新しい合格基準>

準初段 初段 準二段 二段 準三段 三段 四段 五段 六段 七段 八段 九段 十段
90 100 110 120 130 140 160 180 200 220 240 260 290

【注】赤色で表示しているところが、平成15年度から変更になった部分です。

(4)伝票算廃止に伴う有効段位の考え方は次のとおりです。
平成15年年度からの伝票算の廃止に伴い、段位認定にあたり、みとり算の過去2年間の有効段位を判定する場合は、みとり算、または伝票算で取得した段位が有効となります。

段位認定試験における珠算・暗算分離施行について

平成22年度より、日本珠算連盟主催<段位認定試験>の珠算種目と暗算種目を分離して施行しています。今後は段位認定試験における、珠算種目のみ、暗算種目のみの受験ができるようになるとともに、これまで通り同時に受験することも可能です。

<実施時期>
平成22年6月27日(日)第99回の試験より実施

<受験料>
珠算・暗算とも受験(従来通り)2,900円(税込)
珠算のみ受験         2,500円(税込)
暗算のみ受験         1,200円(税込)
※平成29年4月より受験料を改訂しました。