そろばんグランプリジャパン2019を開催しました


そろばんグランプリジャパン2019

そろばん日本一

ジュニア部門  畠山 裕登 選手

スクール部門  辻窪 凛音 選手

シニア部門  鈴木 ひとみ 選手

そろばんグランプリジャパン2018

▲上記の写真をクリックすると別ウィンドウが開き、当日のようす(動画)を視聴することができます。

日本珠算連盟と日本商工会議所は、2019年7月23日(火)、兵庫県神戸市の神戸常盤アリーナ(兵庫県立文化体育館)において、「そろばんグランプリジャパン2019」を開催しました。

(主管:近畿ブロック珠算連盟連合会 後援:文部科学省、兵庫県、兵庫県教育委員会、神戸市教育委員会、兵庫県商工会議所連合会)

 大会には全国各地から選ばれた339名が参加、小学生以下のジュニア部門(160名)、中学・高校生のスクール部門(125名)、シニア部門(54名)の 部門に分かれ、日頃の練習の成果を競い合いました。

そろばんグランプリジャパン2019 結果発表

※写真をクリックすると別ウィンドウが開き、各動画を視聴することができます。
<<ジュニア部門 そろばん日本一>>
畠山 裕登 選手 東京都 練馬区立中村小学校 ジュニア部門そろばん日本一 畠山裕登(東京)、安里颯太郎(沖縄)、佐野幹太(大阪)、篠塚颯太(埼玉)の4名が6種目終わって満点であったが、順位点数が上位だった畠山選手が優勝した。
<<スクール部門 そろばん日本一>>
辻窪 凛音 選手 埼玉県 さいたま市立尾間木中学校 スクール部門そろばん日本一 優勝は辻窪凛音選手(埼玉)。295点と同点ながら小川理緒選手(栃木)は順位点数差で敗れた。辻窪選手は2017年のジュニア部門優勝から3年連続日本一となった。
<<シニア部門 そろばん日本一>> 
鈴木 ひとみ 選手 大阪府 立命館大学 シニア部門そろばん日本一 鈴木ひとみ選手(大阪)は、最後の種目であるみとり暗算で追いつき、順位点数で上回っての優勝を果たした。関西からのシニア部門優勝は2000年依頼19年ぶりとなった。
<<よみあげ算日本一>> 
篠塚 晴斗 選手 埼玉県 早稲田大学系属早稲田実業学校高等部 よみあげ算日本一 篠塚晴斗選手(高1)は優勝決定戦で小川理緒選手(中3)と戦い、何度も同時正解を繰り返した上での勝利となった。初優勝である。
<<フラッシュ暗算日本一>> 
阿久根 誠司 選手 東京都 個人情報保護委員会事務局 フラッシュ暗算日本一 阿久根誠司選手(37歳)は2007年の「あんざんグランプリジャパン」以来12年ぶりの日本一である。
<<よみあげ暗算日本一>> 
本間 聖康 選手 岩手県 県立不来方高等学校 よみあげ暗算日本一 本間聖康選手(高2)が優勝決定戦を制し、昨年に引き続いての日本一となった。
開会式 開会式 選手宣誓は東海ブロック代表
大嶋 星七 選手
不破 花菜 選手
赤松 樹 選手 です。
表彰式 表彰式 勝った喜びに満面の笑みの選手、優勝を逃して悔しさが覗く選手、いろんな顔があります。来年はどんな顔が見られるのだろうか。
閉会式 閉会式 閉会式のようすです

そろばん日本一 インタビュー

※写真をクリックすると別ウィンドウが開き、各動画を視聴することができます。
ジュニア部門 そろばん日本一
畠山 裕登 選手
東京都 練馬区立中村小学校 ジュニア部門 そろばん日本一インタビュー
スクール部門 そろばん日本一
辻窪 凛音 選手
埼玉県 さいたま市立尾間木中学校 スクール部門 そろばん日本一インタビュー
シニア部門 そろばん日本一
鈴木 ひとみ 選手
大阪府 立命館大学 シニア部門 そろばん日本一インタビュー

成績優秀者の一覧表